青国流風

私の日常の何でもない写真のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

信仰

色々な行事等見に出かければ、そこで新しい出会いがあるものです。
2009.2.15 百石えんぶりでの出会い1
2009.2.15撮影

私達はこれまで色々な行事を見ては、様々な人とふれあってきました。
今回この百石えんぶりでも同じように人々とのふれあいがあり、温かく優しい空気があたりを包んでいました。
その写真をいくつか紹介していきたいと思います。
この写真は、神社にお参りにきたお婆ちゃんを撮影したものです。
信仰心が現われていて思わず撮影させていただきました。
撮影後少しお話をさせていただきましたが、このお婆ちゃん本当にいい表情されるんです。
後ほど紹介しますが、こちらに来られていたおばあちゃん達を妻と一緒に度々話しては撮影させていただきました。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング

スポンサーサイト
  1. 2009/02/28(土) 00:00:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

百石えんぶり

八戸えんぶりを先に紹介してしまいましたが、ここ百石でも2月15日から17日の間、えんぶりが行われていました。
2009.2.15 百石えんぶり
2009.2.15撮影

百石のえんぶりは、五戸町切谷内から伝えられたものといわれ、正式名称は「五戸通り百石どうさいえんぶり」と呼ばれています。烏帽子の状態から見て、180年前から伝えられていたとされており、昭和23年に戦後初のえんぶりが行われ、昭和34年に諸事情で中断を余儀なくされましたが、昭和48年に復活。昭和49年からは八戸えんぶりにも参加しており、順調にえんぶりは行われてきました。
しかし、昨今では後継者不足が問題となっており、「子供えんぶり教室」など、地域に根ざした保存と育成に努める活動を行っているようです。
この日も、えんぶりを行う子供たちを優しく見守る父兄の方々がいらっしゃっていましたが、その方々に話を聞くと同じようにえんぶり教室に通わせていると話してらっしゃいました。
この方々がえんぶりを愛し、後世に残したいという気持ちがあるから成り立っているわけであって、もっと増えてくれればと私も願わずにはいられませんでした。
ということで、えんぶりに興味があったり、同じように参加したいという子供さんがいらっしゃればその地区の関係者にお話を伺ってみてはどうでしょうか?

ここ百石への問い合わせは、下記をどうぞ。
もしかしたら、来年子供さんが参加できるかもしれませんよ^^
〒039-2289
青森県上北郡おいらせ町上明堂60-6
おいらせ町教育委員会 生涯学習課
tel:0178-56-4276

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング


話は変わりますが、1年を過ぎてそろそろ良好なレンズを購入しようか悩んでいます。
今のところ予算が10万前後ということで考えているのが、EF17-40mm f4L USMかEF-S17-55mm f2.8 IS USMあたりを狙っています。
風景写真が特に好きですが、人物などのポートレートにも興味があり、明るいf2.8に興味があります。
しかしながら、将来フルサイズへの転向や機種変更(NIKON)なども考えており、Lレンズを購入するか、もしくは購入を断念してまだお金をためておくか迷っています。
皆さんの貴重な意見などありましたらどうぞ参考にさせていただきたいです。
  1. 2009/02/27(金) 00:00:30|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

上桧木内の紙風船上げ vol3

紙風船上げは、一斉打ち上げと常時打ち上げていく2種類があります。
2009.2.10 秋田紙風船上げ3
2009.2.10撮影

この写真は、一斉打ち上げの様子。
18時、19時、20時、20時30分の計4回行われます。
闇夜に天高く舞い上がる紙風船上げは、炎の龍のようにも見え壮大でした。

話は変わりますが、この紙風船には誰でも願いを書くことができます。
その願いを書いて飛ばすと思い出にもなりますよ^^
どうぞいつの日にか来られた時のための資としてください♪

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/26(木) 00:00:03|
  2. 秋田(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

上桧木内の紙風船上げ vol2

紙風船の構造についてお話します。
2009.2.10 秋田紙風船上げ2
2009.2.10撮影

文字通り、紙風船は紙でできています。昔は習字用の半紙を使用していましたが、巨大化が進む近年は、幅1メートルほどの業務和紙を使うようになりました。この紙を貼り合わせ、長さ3メートルから8メートル(大きいものでは12メートル)の円筒形を作ります。上部の口は大きさに合わせた紙で熱気が逃げないよう封をし、下部の口には、直径1メートルから3メートルほどの竹製の輪を取り付けます。

この輪に紙風船の揚力源となるタンポ(石油を染み込ませた布玉)を固定して出来上がり。紙風船の制作は、打ち上げ本番2ヶ月程度前(通常は12月)から始まります。上桧木内8つの集落では、時期が来ると老若男女が各集落会館に集まり、紙の裁断から絵柄の選定、描き方といった一連の作業を協同で進めます。
                                                                  <秋田県仙北市HP参照>

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/25(水) 00:00:38|
  2. 秋田(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

上桧木内の紙風船上げ vol1

上桧木内(かみひのきない)の紙風船上げ。
武者絵や美人画が描かれ、灯火をつけた巨大な紙風船が、きらめく星々のごとく真冬の夜空に舞う年中行事で、毎年2月10日に行われています。
2009.2.10 秋田紙風船上げ1
2009.2.10撮影

この行事の始まりを書き溜めたものはありません。伝説では江戸時代の科学者である平賀源内が、銅山の技術指導に訪れた際に、熱気球の原理を応用した遊びとして伝えたとも言われています。

以前は五穀豊穣や家内安全を願う「虫焼き」(田圃に稲わらを積み火をつけるもので、どんと焼き、天筆とも呼ぶ)と同時に行われ、民族信仰の遺産と位置付けられています。戦争をはさみ一時期中断したこの行事も、地元上桧木内の有志による熱心な取り組みで復活し、秋田県を代表する冬の風物詩となりました。
                                                                  <秋田県仙北市HP参照>

過去関連記事


応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/24(火) 00:00:30|
  2. 秋田(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

八戸えんぶり vol2

えんぶり口上(抜粋)
2009.2.20 八戸えんぶり2
2009.2.20妻撮影

やいやいと申したりやい
えんぶり摺りの藤九朗が
まいりてそうろう
前田千刈 後千刈 中千刈
さてもよい代かな

お正月のお祝いに
松の葉をば 手に持って
お祝いなさるものかな

此れは どなたの穂田だ
右衛門ど 左衛門の穂田だ
一本植えれば 千本になる
これこそ早稲の種かな
<売市えんぶり組資料引用>

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/23(月) 00:00:43|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

八戸えんぶり

20日、この日久々に青森の地に戻りました。
2009.2.20 八戸えんぶり
2009.2.20撮影

この日、かがり火えんぶりも終わって残すところお庭えんぶりだけかなぁなんて思っていたんですが、自宅に帰ってなんとなく八戸えんぶりのHPをみたところ、20日もかがり火えんぶりやってるじゃないですか!
すぐさま時計を見ると夕方6時30分。
まだ8時に間に合うと思い、飯をかっこんで妻と自宅を後にしたのでした。
無事八戸につき、最後の上組町のえんぶり開始数分前に到着したので、見ることができないと諦めていた「えんぶり」を見ることができ幸せな気分でした。

今年のえんぶりもこれで終わりですが、皆様どうお過ごしだったでしょうか?
堪能した方もおられたでしょうし、見れなかった方も多くいらっしゃるでしょう。
来年もこの時期を楽しみにまた1年頑張りましょう^^

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/22(日) 00:00:10|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

光る霧氷

撮りたいもの沢山あったのに結局撮れないものですねぇ。
2009.2.10 光る森
2009.2.10撮影
それも長いようで短いということを現わしているんでしょう。
少しでも悔いのないよう行動したい。
短い人生、やれるようにやらなきゃなぁ。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/21(土) 00:00:22|
  2. 青森(冬)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

光輝くとき

たぶん出張中は、早く青森帰りたいなぁと思っていたでしょう。
2009.2.10 光輝く木々
2009.2.10撮影

そういえば、蔦沼行ってないなぁ。
去年は、蔦沼から流れでる場所に写り込んだ神秘的な木々が私を迎えてくれたんでした。
今年はそれがまだ見れてません。
このあと見れるかな?見れないかな?
ちょっと期待薄いかなぁ。。。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/20(金) 00:00:09|
  2. 青森(冬)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

弘前城雪灯籠祭り vol3

どうも去年と似たようなものしか撮れてませんね。
2009.2.9 弘前城雪灯籠祭り3
2009.2.9撮影
これじゃぁダメだ!
気持ちを切り替えてとも思いましたが、まぁこんな時もあるさと諦めw
最近はこんなのがよくあります。
皆さんはどうですか?

それにしても、この雪灯籠祭りの雰囲気はやはりいいです。
雪国の厳しい寒さの中、灯に照らされる絵が心を温かくしてくれますね。
明日には出張から帰ってきます。
さてさて、もうすぐ春かぁ。
本当に早い冬だった気がします。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/19(木) 00:00:01|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

弘前城雪灯籠祭り vol2

なんともおぞましい光景。
2009.2.9 弘前城雪灯籠祭り2
2009.2.9撮影

まさかこんなものが!みたいな感じでした。
辺りは寒いし暗いし。
そんな中、ぽぅとここだけ灯りが照らされていました。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/18(水) 00:00:52|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

弘前城雪灯籠祭り vol1

八甲田の樹氷を見たあとここに来ました。
2009.2.9 弘前城雪灯籠祭り1
2009.2.9撮影

去年の撮影時は、防寒対策が不十分で寒い思いをしました。
今回は八甲田に登った格好できたためかなり厚着。
寒さも感じず暖かかったです。
それにしても、今回も岩木山はちょっとだけしか見れず。
妻の撮影してる横でボ~ッと景色を眺めてました。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/17(火) 00:00:24|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

八甲田ロープウェー山頂駅の様子

ここは、八甲田ロープウェー山頂駅乗り場です。
2009.2.9 八甲田ロープウェー山頂駅
2009.2.9撮影

登頂当初、すぐに晴れ間が見えるだろうと安易に考えていましたが、結局晴れ間がなかったのは昨日の通り。
一つ前に乗られた夫婦とちょっとお話をしてその様子を写真で見せていただきました。
それはもう素晴らしい光景が。
それが頭に残っていてすぐそこにある風景が見れないだけに、成果なしで降りるのが耐えられないくらいでした。
しかし、これも運。
ここで見れなくともいつかは見れる、そう自分に言い聞かせ山頂駅を後にしたのでした。
この写真はその降りる直前に撮った山頂駅の様子。
いつまでも残る記憶です。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/16(月) 00:00:36|
  2. 青森(冬)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

八甲田樹氷

この日初めて八甲田の樹氷を目前でみた。
2009.2.9 八甲田樹氷
2009.2.9撮影

朝起きると八甲田方面は快晴。
早速その機会を逃さず撮影に出向いたのだが、途中曇が忍び寄る。
八甲田山頂についたのは12時くらい。
すぐさま眼下に弘前を望みまだ天候はぎりぎり良いかと思いきや、10分もしないうちに霧で視界が遮られた。
辺りは白一色。
山を撮影するべく15時まで待つが、結局この日晴れ間は見えず。
八甲田の樹氷の素晴らしさをもっと堪能したかっただけにこの悔しさは半端ないものだ。
去年は今年見れるだろうと安易な考えでいたが、これではダメだ。
来年は、時期を逸せず行動しよう。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/15(日) 00:00:14|
  2. 青森(冬)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

南部えんぶり vol6

かがり火えんぶり。
かがり火に照らされて、勇壮に舞う太夫の姿。
2009.2.7 南部えんぶり6
2009.2.7撮影
その様をおさめるべく早朝から晩まで撮影を待っていたカメラマンは多かったでしょう。
そんな中、今回この南部えんぶりに来られた方々はというと(笑)

まず、最初にあったのはポン太さん(ブログ名:+α的blog)、その後はやすおさん(ブログ名:あちゃこちゃばやばや)、ふゆかぶさん(ブログ名:旅もカブ(Cub)だろ!)、すりぶるさん(写真HP:すりぶるの青い森探訪問)、最後にフィールダーさん(ブログ名:日和写真なブログ)の順でお会いしました。
久々お顔を拝見できて嬉しくなっちゃいました。
今回会えなかった方には、次回に期待しちゃいましょう!

さてさて、南部えんぶりにつてきましてはこれで最後に致します。
以降は、弘前雪灯籠祭り、八甲田の樹氷編、紙風船上げ、百石えんぶり(予定)等々につなげたいと思います。
因みに16日から20日の間、出張のためコメントの返信は遅れます。
しかしながら、その間の記事については予約投稿していきますのでどうぞ毎日見に来てください(笑)

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/14(土) 00:00:14|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

南部えんぶり vol5

松の舞。
松の舞のお囃子に合わせて右手に、開いた扇を持った舞い手の少年が、両足を開いて、最初は扇を頭上にかざすようにして1回り、お囃子に合わせて♪松の舞ともはやせやい…と唱えると、一同答えるように反復斉唱する。
またお囃子に合わせて、両足で跳ねて大の字に静止したり、扇を耳元に上下させるような所作がある。
2009.2.7 南部えんぶり5
2009.2.7撮影

これまで掲載してきた記事は、八戸えんぶりの公式HPや去年の八戸えんぶりの新聞記事からです。
従って、掲載している記事で間違いや南部えんぶりとの違いがあるかもしれません。
その点については、ご了承ください。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/13(金) 00:00:08|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

南部えんぶり vol4

えびす舞。
釣り竿をもったえびすが鯛を釣る舞い。軽快なはやしに合わせて最初は寿ぐ祝いの詞を舞いながら述べる。そして、めでたい鯛を釣りましょうという意味のことを言い、鯛を釣りにかかるが、なかなか釣れない。釣れたかと思うとすぐ外れてしまう。その腰ぶり身ぶりがおかしく、笑わせる。二回ぐらい失敗を繰り返し、やっと釣り上げた鯛をその家のだんな様に差し上げましょうと、福徳の言葉を捧げて終わる。
2009.2.7 南部えんぶり2
2009.2.7撮影

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/12(木) 00:00:46|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

南部えんぶり vol3

えんぶり組は、旗持ちを先頭に、親方ら代表格の先立ち、烏帽子(えぼし)をかぶり摺(す)りを演ずる太夫(三人か五人)、松の舞、えんこえんこ、えびす舞、田植万才などを演ずる人、太鼓、笛、手平鉦(てびらがね)などのおはやし、音頭とりや歌い手など総勢十五~三十人で構成されます。

こちらは、大黒舞。
左手に打出の小槌、右手に扇を持ち交互にふりながら舞う。
と八戸えんぶりを紹介しているHPに書いてあったんですが、こちらでは逆になってました。
南部えんぶりだからでしょうか?
詳しく知ってらっしゃる方がいらっしゃったらコメントください。
2009.2.7 南部えんぶり4
2009.2.7撮影


応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/11(水) 00:00:04|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

南部えんぶり vol2

えんぶりには、「ながえんぶり」と「どうさいえんぶり」の2種類があります。
こちらは後者のほうです。
2009.2.7 南部えんぶり3
2009.2.7撮影
南部えんぶりで行われるのは「どうさいえんぶり」のほうで、歌、摺(す)りのテンポが速く、勇壮活発な様です。
反対に歌やしぐさのゆったりしたほうが古来の形で「ながえんぶり」と呼ばれます。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
[南部えんぶり vol2]の続きを読む
  1. 2009/02/10(火) 00:00:47|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

南部えんぶり vol1

この日最初の奉納えんぶりは見れなかったものの、その後のえんぶり行列以降の行事等については最後まで見ることができました。
2009.2.7 南部えんぶり1
2009.2.1撮影

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/09(月) 00:00:14|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

冬景色

八甲田の冬景色。
八甲田山系の山頂では、このころ樹氷が見られます。
2009.2.1 冬の八甲田周辺
2009.2.1撮影
それも圧巻なのですが、そこから見下ろす山々も冬の厳しさを伝えており、人の心に訴えかける何かがあります。
ところで昨日、南部えんぶりを見に出かけました。
そう考えるともう春が近づいているんだなという気持ちになります。
今年の冬はいつにもなく早く過ぎていった感じがします。
皆さんはどうですか?

私の実家である熊本では、いつも一番寒い2月でも既に春のように温かいとか。
そういう気温の変化も季節感を早めているのかもしれませんね。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/08(日) 00:00:13|
  2. 青森(冬)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

氷の造形

もうすぐ八戸えんぶりですね♪
2009.1.24 氷の造形
2009.1.24撮影

今年は休日と夜勤明けなどがあり、見に行く機会がかなりありました。
しか~し。。。
なんとこういうときに限ってか出張。。。
仕方ないんですが、かなりがっくりきました。
1年越しの計画もあったのですが、全部お流れ。
その分、南部えんぶりと百石えんぶりは絶対に見に行くつもりです。
これも見れなくなったら泣きますよ。私。。。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/07(土) 00:00:38|
  2. 青森(冬)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

地獄沼より

去年からフォトコンを始め、モチベーションを保つための一つの手段として投稿しておりました。
しかしながら、ことごとく落選。
2009.1.26 八甲田の樹氷2
2009.1.26撮影
ダメだった作品のどこがダメなのかきちんと見極めることが重要だと言う記事を見つけ、私もそれに近づくよう努力しております。
そんな中わかってきたものが色々あるわけであって。
特に作品作りの際のプリントには、こだわりをもって臨まなければ失敗するんだなぁと最近分かりました。
実際にパソコンでみる画像とプリントで出すものがいかに違いがあるか、それを本来のものに近付ける技術も必要なんだと。
未だにそこらへんが難しく、良いと思ってプリントしてみると暗かったり明るすぎたり。
そのほか多々あって、奥が深いんだなぁと今更ながら思うわけです。
で、過去のもの見てみると本当にあり得ない色合いだったり、ピントが甘かったりなどなど。
でも、それが分かるのも成長しているからなんでしょうね。
1年かかってやっとわかったなんて遅すぎかもしれませんが、成長してるのを認識できたのでひとまずいいのかなぁと^^

そういえば、デジタルカメラマガジンというものがあり、そこにも投稿し始めたんですが、2月号の入選者を見ていたら私の名前があって嬉しくなりました。
しかし、その内容をよく見てみると惜しくも佳作入賞を逃した10人に入っていたわけです。
それでもかなり嬉しかったです。
次回はそれを良いプリントにしてテーマに沿ったフォトコンに出せたらなと思います。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/06(金) 00:00:48|
  2. 青森(冬)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

鬼神社しめなわ奉納裸参り vol2

この鬼神社、バカでかい農耕具が多数神社に祭られています。
そのような光景みたことがなかったので目を見張るものがありました。
2009.1.26 鬼神社裸参り4
2009.1.26撮影

生憎その写真をおさめておりませんでしたので、参考にされたい方はすりぶるさんのHP「すりぶるの青い森探訪」をご覧ください♪
面白いものが見れますよ^^
2009.1.26 鬼神社裸参り3
2009.1.26撮影

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/05(木) 00:00:35|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

鬼神社しめなわ奉納裸参り vol1

弘前市の鬼沢地区には、村人が田に水が無く困っていた時、鬼が水路を開き助けてくれたという言い伝えがある。鬼に感謝し、水路の名前を「鬼神堰」(きじんぜき)、村の名前を「鬼沢」(おにざわ)とし、鬼を祭る「鬼神社」(きじんじゃ)をつくったという。
鬼神社で350年以上も前から続いているのが、しめなわ奉納裸参り。毎年旧暦の小正月に締め込み姿の男達が樽に入って水ごりをしたあと、お山参詣(岩木山参り)の登山囃子と「サイギ、サイギ」の掛け声のもと、新しいしめなわを神社に奉納する。
                                                            <道21世紀新聞2008年12月 参照>
2009.1.26 鬼神社裸参り2
2009.1.26撮影

水ごりをし始めるころの表情はもっと厳しく寒さに耐え忍んでいるのです。
しかし、私が撮影したのは終わりごろ。
もう水ごりに慣れてしまってる表情ですねぇw
あぁ~残念。

2009.1.26 鬼神社裸参り1
2009.1.26撮影

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/04(水) 00:02:30|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

スノーモンスター

さてさて、今シーズンやっと2回目のスノーボード。
2009.1.26 八甲田の樹氷
2009.1.26撮影

はてさて、どのようになっていることやら(笑)
楽しんでできてるかな?^^
上手く写真撮れていたら載せたいと思いますw
因みに、ここで滑るわけじゃないですよ~!
(予約投稿。)


応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/03(火) 00:00:50|
  2. 青森(冬)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

岩木山

今期、雪山に朝の朱色が射す瞬間を狙って撮影を試みること数度。
2009.1.26 岩木山
2009.1.26撮影
しかしながら、思うような条件に合わず苦戦している次第です。
去年は、天候など考えずに行っても良い条件にあったのに、今年に入ってからは空振りばかりです。
この日も早朝狙っていたのですが、こともあろうに寝坊。
良い場所を選定できず、諦めてそこらへんで撮影です。
麓にある雲が聞いていてよい条件でしたが、山頂の雲がどうもですねぇ。
もう行くのは当分無理ですから来年再挑戦してみたいものです。

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/02(月) 00:00:47|
  2. 青森(冬)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

未完成な銀細工

2009.1.24 氷
2009.1.24撮影

応援よろしくお願いします。
fc2 blog ranking

人気ブログランキング
  1. 2009/02/01(日) 00:00:27|
  2. 青森(冬)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

BGM

ONとOFF、切り替えできます。

プロフィール

杏仁豆腐

Author:杏仁豆腐
性別:男
年齢:36歳
趣味:写真撮影、スノーボード、登山
青森にきて八甲田の自然に魅せられ写真撮影開始。2007年秋の八甲田の紅葉から写真に熱中しだし、2008年念願の一眼レフ購入。風景とお祭り写真が大好きです。
写真暦:5年(2013.9から休止中)

デジタル一眼
CANON EOS40D(2008.1.26~
CANON EOS5D Mark Ⅱ(2010.4.5~
pentax 645D(2015.4.20~
レンズ:
canon EF 17-40 f4L(2009.3.15~2014.3)
canon EF 70-200mm f2.8 L IS Ⅱ USM(2011.7.31~2014.11)
canon EF 16-35mm f4L(2015.1.28~
pentax smc fa 45-85mm f4(2015.4.23~

妻:CANON EOS Kiss X2(2008.7.11~)
レンズ:EF-S 18-55mm f3.5-5.6 IS
レンズ:EF-S 55-250mm f4-5.6 IS

青い森写心倶楽部

青い森の写真好きな皆さんが参加しております。 どうぞこちらへ☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスカウンター

2009.2.26より開始(管理人以外2重カウント有)

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

あし@

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。