青国流風

私の日常の何でもない写真のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雲かかる高田大岳と紅葉

前日紹介した山々とは別に、睡蓮沼から見えるもう一つの山があります。
それが高田大岳です。
位置的には、前日アップした写真にある小岳の右側に位置しています。
2008.9.25 睡蓮沼 紅葉3
2008.9.25撮影

これからもっと綺麗な紅葉の写真が、色々な方のブログで見られると思います。
私もそのブログを遠くから楽しみにしています。
2008.9.25 睡蓮沼 紅葉4
2008.9.25撮影

人気ブログランキング


スポンサーサイト
  1. 2008/09/30(火) 00:00:30|
  2. 青森(秋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

紅近づく睡蓮沼

雲がかかっていて真ん中の八甲田大岳が見えていません。
一番右に見えるのが小岳、こちらも少し霧で隠れています。
左に見えているのが、硫黄岳。
そして、左で切れている山が、石倉岳ですね。
もう私も完璧です^^
2008.9.25 睡蓮沼 紅葉1
2008.9.25撮影

人気ブログランキング

  1. 2008/09/29(月) 00:00:33|
  2. 青森(秋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

八甲田の紅葉

山頂辺りでは、既に紅葉が始まっていました。
これから、紅葉シーズン突入。
カメラマンだけでなく、普段山に行かない人々も心癒される季節に突入ですね。
2008.9.25 睡蓮沼 紅葉2
2008.9.25撮影

  1. 2008/09/28(日) 00:00:03|
  2. 青森(秋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

日本一のブナの大木

日本一のブナの木を紹介します。
日本一のブナの木というと、秋田県角館町にある和賀山魂 のブナの巨木が有名ですが、こちらは複数のブナの木が集まっているもののようで、一本木で日本一のブナの木は青森県十和田市にあります。
そのブナの木は、地元では「森の神」と呼ばれているそうで。
2008.9.10 日本一のブナの木2
2008.9.10撮影

この日、たまたま林野庁の方々が計測を行っていました。
話を聞いていると、何度も測りに来られているようでした。
なんでも、計測する方法が定められてはいるものの、測る人によって変わったり、木の形状もその木々によって色々あったり、時期によって変わる(夏は大きく、冬は引き締まって小さくなるらしい)らしいのです。
なので、計測するほうも慎重に何度も日を変えて計測しなおしてるようでした。
因みに、このブナの幹回りは六・〇一メートルあり、国内最大とされていた福島県北塩原村の一本木(幹回り五・八メートル)を抜き日本一となったそうです。

2008.9.10 日本一のブナの木1
2008.9.10撮影

知名度も上がってきて、だいぶ人も来るようになっているらしく、木の周りの土は人の歩いた後で道ができているほど。
今後は、このブナの保存にも傾注していかなければならないと感じられました。

最後に、こちらを知る契機となったのはもちろんブログ情報によるものです。
この情報を発信してらっしゃるのは、「旅もカブ(Cub)だろ」のかぶさん、「日和写真なブログ」のフィールダーさん、「+α的blog」のポン太さん、「青い森BLOG」の1207Blueさんが紹介されてます。ご参考までに☆



人気ブログランキング

  1. 2008/09/27(土) 00:00:21|
  2. 青森(神社仏閣・名所・観光地)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

帰路

流鏑馬を見たあとは、日帰り温泉本を頼りに無料温泉に入ってました。
コロナワールドのコロナの湯にです(笑)
流鏑馬の後は、カメラの掃除も大変ですが、私ら自身の掃除もしないとですね。
本当に砂まみれになっちゃいますから。

温泉からあがるともう夕方でした。
帰り道、西の空が真っ赤になっているのをみて、いつものように撮影。
暮れゆく中、街灯の明かりもいいもんだなぁとしみじみしちゃいます。
2008.9.21 青森市内
2008.9.21撮影

話が変わりますが、10月いっぱいくらい不在になりそうです。
一番きれいな時期にいられないという気持ち、本当にどうしようもないです。
去年、八甲田の紅葉を知らなかったらまだしも、知ってしまった後の落胆ときたら。。。
今年こそは色々撮りたいと思ったのですが、難しそうです。


人気ブログランキング

  1. 2008/09/26(金) 00:00:57|
  2. 青森(夕方)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

善知鳥(うとう)の浜 流鏑馬大会

第2回 全国流鏑馬競技 青森大会「善知鳥(うとう)の浜 流鏑馬(やぶさめ)大会」が21日、青森市内の合浦公園にて行われました。
競技は、午前2走、午後1走の計3走で競われます。
私たちは勤務の都合上、午前の競技を見逃してしまいましたが、それでも午後の部1走と古典演習「那須の与一」、南部流鏑馬「型」演武を見ることができました。
2008.9.21 善知鳥の浜 流鏑馬大会4
2008.9.21撮影

その中の一つ、南部流鏑馬「型」演武がこちらです。
矢を放つまでの間に、幾種類もの型があり、伝統と格式を重んじる流鏑馬の古式ゆかしい部分を見ることができました。
2008.9.21 善知鳥の浜 流鏑馬大会1
2008.9.21撮影

午後の部最後の1走ですが、砂に馬の脚がとられてなかなかうまく走れないのが分かりました。
みててそうなのだから、騎手にとっては非常に大きな揺れでしょう。
そんな中、騎手の方々は普段の鍛練の賜物でしょう。
その揺れにも屈せず、的に集中している姿に惚れぼれします。
2008.9.21 善知鳥の浜 流鏑馬大会2
2008.9.21妻撮影

流鏑馬といえば、私たちが懇意にしていただいているAmyさんが出場されています。
そのAmyさんの応援もしつつ撮影もがんばりました。
Amyさんの写真2人で頑張りましたが、うまく撮れませんでした(泣)
すみませんっ。。。(トリミングしてます)
2008.9.21 善知鳥の浜 流鏑馬大会5
2008.9.21撮影

2008.9.21 善知鳥の浜 流鏑馬大会3
2008.9.21撮影

いつものことながら、やはり多くの有名ブロガーさんがいらっしゃいました。
Amyさんはもちろん今回お世話になったらーまさん、reev21さん、tengtinan60さん、そして初顔合わせのすりぶるさん、その他にもおられたようです。
にしても、まさかすりぶるさんに会えるとは思ってもみませんでしたw
まぁ、毎回のことですが驚かされることばかりです。
なんでも、reevさん達と面識があったらしくって。
紹介していただき本当にありがとうございます。

その後、すりぶるさんと少しお話をさせてもらいました。
その中身は写真に関することw
写真の知識も技術もまだまだな私ですから、写真に関することで助言をいただけるのは非常にありがたいことだと思います。
今まで気にしていなかった点について助言をもらったわけですが、今後はその点について少しずつ勉強しようかなぁと思っています。



人気ブログランキング

  1. 2008/09/25(木) 00:00:30|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

モヤヒルズのコスモス祭りがあるとの情報を得ていたので、その前日に撮影に行ってみました。
しかしながら、予想より少なく感じました。
見ごろじゃなかったのでしょうね。
もう少ししたら綺麗なコスモスがみれるかもしれません。
2008.9.19 コスモス
2008.9.19撮影

このあと、「善知鳥の浜 流鏑馬大会」に出かけました。
その様子はまた後ほど。

人気ブログランキング

  1. 2008/09/24(水) 00:00:03|
  2. 青森(秋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

たばこの葉

ドライブしてて、なにこれっ?て思った。
引き返してまで撮ってきたもの(笑)
それにしても、私の撮影してる光景異様だったかな?
村のおばあちゃんたちが、もの珍しそうに私を見てたし(汗)
犯罪者ではありませんよ~w
2008.9.18 たばこの葉っぱ干し
2008.9.18撮影



人気ブログランキング

  1. 2008/09/23(火) 00:00:30|
  2. 青森(秋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

せんべいアイス

最近また日中暑くなってますね(汗)
暑いし、夏としか感じられんっっっ。
もうたまらん~(泣)
2008.9.18 Sora
2008.9.18撮影

あまりにも暑かったので、せんべいアイス(バニラ)食べちゃいましたw
他のブロガーさんのとこでも見かけてたのでですね^^
狙っていました!
購入できる場所は、三戸の104号線にある「Yショップ」か三戸の「道の駅」です。
種類は、バニラ、チョコ、抹茶の3種類で、お値段が2個入り148円。
食感は、バリバリをイメージしていたのですが、それとは違ってモナカアイスの皮を少し硬めにした感じです。
お味は、あっさりバニラにせんべいの塩とゴマの風味が味わえます^^おいしいですよ♪
2008.9.18 三戸のせんべいアイス
2008.9.18撮影

お手軽ですし、皆さん一度試してみましょう^^

人気ブログランキング

  1. 2008/09/22(月) 00:00:08|
  2. 青森(食)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

奥入瀬渓流「雲井の滝」

奥入瀬渓流「雲井の滝」です。
三段の滝となっていて、前から全景を写した写真はよくみていたので、ちょっと横に行って撮っています。
2008.9.10 奥入瀬渓流「雲井の滝」
2008.9.10撮影


人気ブログランキング

  1. 2008/09/21(日) 00:00:35|
  2. 青森(神社仏閣・名所・観光地)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ボックスアート ATV開局40周年記念

今日9月20日から11月3日までの間、青森県立美術館にて、ATV開局40周年記念イベント「プラモデルパッケージ原画と戦後の日本文化 ボックスアート」展が催されます。
ところで、ボックスアートって何っ!?てお思いでしょう?
そう、お気づきの方もいるかなぁ^^
少年のころ、プラモデル作った方はわかるかも!
あのプラモデルの箱絵のことなんです☆
で、興味ある方・マニアの方(笑)は、自分で美術館に足を運んでください♪
ボックスアート

話がガラッと変わりますが、今回美術館のPR方法として新しい試みをされました。
それは、ブロガーさんを使ってのPR作戦。
集まったブロガーは以下の通り。
やっぱいらっしゃったreev21さん、なかちっぱさん、それにらーまさん、青森太郎さん、ポン太さん、初めてお会いした「まるごと青森」を運営されているクーさん、「Lat.40゚ N_lovespace」を運営されているゴマポンヌさんなどなど。
この企画が功を奏せば、今後も続けるようなことを言われていました。
ブロガーとしては、ありがたいことです^^
今回参加できなかったブロガーさんも、今後参加できる可能性がでてくるかも?
2008.9.19 青森県立美術館
2008.9.19撮影

元に戻って、展示室内の様子。小松崎茂さんのも合わせると約160点にもなるそう。
2008.9.19 ボックスアート展1
2008.9.19撮影

また併設企画として、バンダイから発見された小松崎茂の原画約40点を本邦初公開!
「発掘された小松崎茂 ~1970年代のパッケージ原画を中心に」も開催されています。
あのサンダーバードやウルトラマン、仮面ライダー、マジンガーZといった人気プラモデル、玩具のパッケージを飾った40点の作品があります!


2008.9.19 ボックスアート展2
2008.9.19撮影


<関連イベント>
●9月 21日(日) 14:00~15:30 海上美術館シアター 定員:200名(当日先着順)
 「戦後日本文化とプラモデル」 講師:田宮俊作(株式会社タミヤ代表取締役会長)

●10月 5日(日) 14:00~15:30 会場:美術館シアター 定員:200名(当日先着順)
 「プラモデル黎明期とハセガワ」 講師:長谷川勝人(株式会社ハセガワ常務取締役)

●10月19日(日) 14:00~15:30 会場:美術館シアター 定員:200名(当日先着順)
 「良質なボックスアートに出逢えた少年たちは幸せである」 講師:加藤智(元バンダイ「模型情報」編集長、株式会社キャラアニ代表取締役社長)

●10月26日(日) 14:00~15:30 会場:美術館シアター 定員:200名(当日先着順)
 「<航研機>復元ものがたり」 講師:大柳繁造(青森県立三沢航空科学館館長)

●11月 2日(日) 14:00~15:30 会場:美術館シアター 定員:200名(当日先着順)
 「戦後日本のサブカルチャー ~文化の本流ここにあり?」 講師:工藤健志(青森県立美術館学芸員)

●各14:00~ 会場:展示室内
 ギャラリートーク 9月23日(火・祝)、10月13日(月・祝)、26日(日)、11月3日(月・祝)

☆9月20日(土) 13:30~17:00 会場:ワークショップA、展示室A 定員:20名(要申込)
 ワークショップ:「ボックスアートの出来るまで」 講師:開田裕治(イラストレーター)
 ボックスアートはどのように生み出されるのか、第一線で活躍するイラストレーター開田裕治さんが、そのプロセスを解説します。その体験をもとに、君もボックスアートを描いてみよう!

☆10月12日(日) 13:30~16:30 定員:30名(要申込)
 ワークショップ:「ダンガンレーサー青森カップ」 講師:島脇秀樹(プロモデラー)、横山一敬(青森テレビ営業局局長)
 ダンガンレーサーを組み立ててレースをしよう。目指せ優勝!

※各ワークショップは、9月1日より電話もしくはファックスにて美術館までお申し込みください。先着順で受け付け、定員になり次第締め切らせていただきます。なお中学生以下の参加者は保護者の付き添いが必要です。
■9月20日(土) 10:00~11:00 開場:展示室A
 シンポジウム:「ボックスアート展とは何か」 パネラー:村上敬(静岡県立美術館学芸員)、工藤健志(青森県立美術館学芸員) モデレーター:中村光信(モマ・コンテンポラリー)
 本展企画者が展覧会のコンセプトや見方についてお話しします。

※すべて参加無料ですが、展覧会チケットが必要となります。
※詳しくは美術館ホームページをご覧ください。

■休館日:9月22日(月)、10月14日(火)、10月27日(月)
■開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)※ただし9月20日~9月30日は9:00~18:00(入館は17:30まで)
■観覧料:ボックスアート展+アレコ ・一般 1300円(1000円)、大学生・高校生 800円(500円)、中学生・小学生 500円(300円)
       ボックスアート展+常設展 ・一般 1700円(1400円)、大学生・高校生 1100円(800円)、中学生・小学生 600円(400円)
※( )内は前売り及び20名以上の団体料金
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料(入館の際に証明できるものをご提示ください)

最後になりましたが、今回招待していただいた工藤さまに感謝とお礼を申しあげます。
このような機会は、滅多にないことだと思います。
今後このような機会が増え、より多くのブロガー等を招待いただき、青森のPRに役立ててもらえれば幸いだと思います。
このボックスアート展が、成功に終わることをお祈りします。


人気ブログランキング

  1. 2008/09/20(土) 01:04:35|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

Jazzさんがやってきた!

青森・岩手県北ブロガーさんの集いが、14日夜行われました。
もう他のブロガーさんの記事をみて知っているでしょうね!
あのJazzさんが青森に帰ってきたのです。(残念ながら、一時的帰国?笑みたいな感じです)
そのオフに私も呼んでいただけることになり^^
場所は、十和田市内にある「奈辺久」という場所。
初めてこういうオフ会に呼ばれたんですが、本当に声をかけていただき感激。
Amyさんありがとう~^^
参加メンバーは、幹事であり桜流鏑馬でも有名なAmyさんを筆頭に、主賓であり写真がプロ級なJazzさん、ある意味主賓となった藤九朗さん(笑)、いつもどこかしらで探してしまう有名なreev21さん、その傍らにいつもいるイメージがあるtengtian60さん、こよなく八戸せんべい汁を愛するなかちっぱさん(最近ついてない。泣)、あの有名人に似ているかぶさん(笑)(妻も似てる似てるいってます!)、私の職のあることについてある意味詳しすぎるACHILLESさん(笑)、奥様と仲良くてどこかしらのイベントで出くわす確率の高いフィールダーさん(よく会いますよねぇw)、なぜか私の師匠とあるとこで出会った青森太郎さん(縁があったのですね!)、今はブログをやろうかどうしようか悩んでおられ、初めてお会いしたきんたさん(どうぞ今後ともよろしくおねがいします^^)、そして最年少で可愛らしく、桜流鏑馬まで出場された万里ちゃんの総勢13人でした~☆

で、初めて会った方もいらっしゃるし、有名な方ばっかりなんで私緊張しちゃってですね(汗)
ですが、皆さんすぐ受け入れてくれて(泣)
すんなり中に入れたような気がしました!^^

という感じで時間が過ぎていったわけですが、色々な話が聞けてより交流も深まったし、本当に楽しかったです!
次回も呼んでくださいね~♪
2008.9.14 jazzさん御帰りなさい会1
2008.9.14撮影

えぇ~と、話の流れなんてのを気にしてなくてすみません。
一応その時の様子とか載せたいなと思って^^
ただ写真がなくて(汗)
こちらは、2次会の十和田市内にある「Bclub」です。
十和田の夜は初めてだったので、また楽しい思い出できたなぁ^^
2008.9.14 jazzさん御帰りなさい会2
2008.9.14撮影

次回は、どういうオフ会になるのでしょうねぇ!^^

人気ブログランキング

  1. 2008/09/19(金) 00:00:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

三八上北地方の朝景

八甲田から朝日を見ていたのですが、三八上北地方は本当に平坦ですね。
あの大きな山稜は、階上岳ですよね。
だいぶ周りは低いんだなぁと感じます。
2008.9.11 八甲田から見下ろす三八上北地方
2008.9.11撮影

奥のほうは、もちろん海が広がっています。
階上岳のせいでみえませんが。
少し左にファインダーを向ければ、海は真ん前に見えるんですよ。

人気ブログランキング

  1. 2008/09/18(木) 00:00:30|
  2. 青森(朝方)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

日の本中央たいまつ祭り

青森県東北町乙供駅前の赤川河川敷で行われた「日の本中央たいまつ祭り」の紹介です。
その云われには、未だ謎の部分が多く説明しにくいですが、このように紹介されていたのでそれを使わせていただいてます。
9世紀初頭、上北地方を支配していたのが、「都母(つも)一族」でありました。都母又は坪と呼ばれる一族は五穀豊穣・無病息災・戦勝祈願の祭祀にあたり大たいまつに火を灯し祈りをささげたと語り継がれています。先人の力強い息吹をここに再現し、現在に継承する祭です。
2008.9.13 日の本中央たいまつ祭り「灯籠流し」
2008.9.13撮影

上板橋剣舞」。
今からおよそ、1200年前征夷大将軍坂上田村麻呂の蝦夷征伐が陸奥の国まで及んだ時、上板橋付近に陣を張り、山間に隠れている野武士達を征伐するため、教えたものが剣舞のはじまりだそうです。
2008.9.13 日の本中央たいまつ祭り「上板橋剣舞」
2008.9.13撮影

火起こし」。
昔ながらの火起こしの道具を使用して火を起こしています。
2008.9.13 日の本中央たいまつ祭り「火起こし」
2008.9.13撮影

この祭りのメイン「たいまつへ点火」。川中央に立てられた3~5㍍のたいまつに、それぞれ梯子を架け、点火します。

たいまつに貼った文字の説明がありました。
 「都母(つも)、邑良志閉(おらしべ)、爾薩体(にさたい)、幣伊(へい)、志波(しわ)、伊治(これはり)、遠山(とおやま)、香賀(こうが)、巣伏(すぶせ)、渡嶋(わたりしま)。
十本のたいまつに書かれた文字は、およそ千二百年前の昔、大和の勢力の及ばなかったこの都母の地と、その周辺、北東北から南北海道にかけての当時の村々の一部の地名及び名称であります。古い文献状からある程度その地域を特定できる所もありますが、未だその多くは不明で謎を残したままです。
 しかし、この地域が「都母」ということと、我々の祖先が都母の民であるということは、「日本中央」の碑、「つぼのいしぶみ」が物語っているのではないでしょうか。」とありました。
2008.9.13 日の本中央たいまつ祭り「たいまつ点火」
2008.9.13撮影

祭りの話からそれますが、ここでもブロガーさんに会いました。
ポン太さん(ブログ名+α的blog - 『北の国・・・』のちょっと手前の国から -)です^^
あのおねぇちゃんとおちびちゃんですぐわかりました!
いつか会えるだろうとは思っていましたが、まさかこんなとこでw
私全く予想してませんでした~w
ポン太さんは、非常に優しい表情をしておられて、安心感を与えてくれる方です!
イメージが変わりました^^
また、おねぇちゃん、おちびちゃん2人とも可愛らしいですねぇ~。
写真で拝見してた様子と違い、だいぶちっちゃくてかわいらしい容姿と声でした^^
もうちょっとお話したかったです(笑)

話を戻します。
和太鼓」です。
この和太鼓、休む暇もなくまた迫力も十分なものです。
しかも、小さい子たちの表情ときたら、立派なものですよ。
想像していたのより、各人ある覚悟のようなものをもってらっしゃるのでしょうか?
本当に情熱をもって取り組んでる様子が伝わります。
2008.9.13 日の本中央たいまつ祭り「太鼓」
2008.9.13撮影

和太鼓の演奏に見入っているといきなりでした。
フィナーレの花火」(2000発)が打ちあがったのです。
祭りを見ていた方もびっくりだったようです。
すぐ様花火を撮影しようと場所を移動。観客の皆さんも移動です(笑)
2008.9.13 日の本中央たいまつ祭り「花火」
2008.9.13撮影

今回も予想を上回るものばかりで見ごたえ十分の祭りでした。
あまり知られていないようなので、小さい祭りかなとおもっていたのですがね(汗)
失礼しました!
まだこの祭り、歴史が浅いのでしょうね。
こんなに立派なのに知られてないんですもん。
これからもっと多くの人に知られて、伝統的な祭りへとつながっていくことを願っています。 

人気ブログランキング

  1. 2008/09/17(水) 00:00:23|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

朝日を浴びて

睡蓮沼の撮影の後、グダリ沼を散策しました。
この日は、夜明け前から霧が深かったのを確認していましたので、まだ霧が少しばかりたちこめていました。
そんな感じだったので、草花も水滴を浴びて綺麗に咲いていました。
2008.9.11 グダリ沼にて
2008.9.11撮影

グダリ沼では、バイカモが咲いていましたが、だいぶ少なくなっているらしいとそこにいらっしゃった女性に教えてもらいました。
肝心のバイカモですが、川の向こうで撮影ができませんでした。
以前なら手前にも生えていたらしいですが、沢山の人がくるせいもあり少なくなったとかなんとか。。。

人気ブログランキング

  1. 2008/09/16(火) 00:00:20|
  2. 青森(朝方)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

奥入瀬渓流「双白髪の滝」

2008.9.10 奥入瀬渓流「双白髪の滝」
2008.9.10撮影


人気ブログランキング

  1. 2008/09/15(月) 00:00:20|
  2. 青森(神社仏閣・名所・観光地)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

睡蓮沼の夜明け

10日11日と続けて朝の睡蓮沼を撮影に行きました。
意外に朝焼けの色がでないことで難しい撮影になり、結果として満足のいく写真は出来上がりませんでした。
2008.9.11 睡蓮沼の朝
2008.9.11撮影
2日続けて訪れた睡蓮沼。
到着したのは4時45分くらいでぎりぎりでした。
そんな中3日間続けて訪れている方もいらっしゃいました。
初日訪れた時は、もう3人もいてびっくりしましたが、どうもここは毎朝撮影のために誰かしらが来ているようですね(笑)
写真熱ってのは、どうもすごい力を発揮させてくれるようですw


人気ブログランキング

  1. 2008/09/14(日) 00:01:30|
  2. 青森(朝方)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

第27回十和田湖国境祭(くにざかいまつり)

 青森・岩手・秋田3県の魅力的なお祭りが、ここ十和田湖に一斉に集まって行われる祭り、それが「国境祭」なんです!
2008.9.6 国境祭り「秋田竿灯祭り」と「花輪ばやし」
2008.9.6撮影

 それぞれの県で行われるイベントを紹介していきます。※祭りの紹介文は、全て国境祭パンフレット参照

 まず秋田県。秋田県は、全部で五つのイベントが紹介されます。

 こちらの写真は、「大湯大太鼓」。
 秋田県鹿角市大湯地区に藩政時代から伝わります。直径1.2㍍胴長1.5㍍の大きな太鼓で打ち手一人に補助員三人で演じられる「打ち鳴らし」共演が見事。ドーン、ドーンという地鳴りのような豪快な音は、大拍子、三拍子、五拍子という独特のリズムが特徴です。(県無形民俗文化財)
2008.9.6 国境祭り「大湯大太鼓」
2008.9.6撮影

 次は、「秋田竿燈」。
 秋田市に約360年前から伝わる竿燈は、その昔「ねぶり流し」と呼ばれ「睡魔ばらい」のお盆行事で、今では「五穀豊饒祈願」の夏祭りになりました。昔、新仏のあった家では、お盆に精霊を迎える際門の前に高さ12㍍にも及ぶ杉の細く長い木を立てました。その先に横木を結び、これに”ちょうちん”や”灯籠”を下げたのです。この長い木を自由に持ち歩けるようにしたのが竿燈の始まりで、大若、中若、小若、幼若に分かれますが、大若の高さは、12㍍、ちょうちん46個で重さは約50キロもあります。
2008.9.6 国境祭り「秋田竿灯祭り」
2008.9.6撮影

 次は、「花輪ばやし」。(過去画像
 秋田県鹿角市・花輪地区に平安時代末期から伝わる伝統芸能です。各町内ごとに趣向をこらした「祭り屋台」と華やかなリズム、華麗な笛と勇壮な太鼓の響きが郷愁をさそいます。
 その祭り屋台は、ケヤキや柱材に金箔やうるし仕上げの立派なもので「神輿(みこし)型屋台」の典型とされ、京都の山車などとともに格式と伝統がしのばれます。(県無形民俗文化財)
2008.9.6 国境祭り「花輪ばやし」

 次は、「小坂音頭」。(写真なし)
 十和田湖の発荷峠から「樹海ライン」を約一時間。小坂町は銅、鉛、亜鉛などを生産した小坂鉱山などで知られていましたが、最近では昭和61年に日本一古い芝居小屋『康楽館』(こうらくかん)を修復オープンさせ、観光立町を目指し成功しています。
 芝居を見ながら”幕の内弁当”をぱくつく芝居見物ツアーも定着、町では一層の八千を願って「小坂音頭」を踊っています。


 次は、「小坂七夕」。(写真なし)
 明治時代から約100年の伝統がある。「青森のねぶた」の流れをくむとも言われ子供に人気のキャラクターや題材の面白い美しい絵アイデアに富む山車が繰り出します。「イヤサカサッサ ホーイ ホイ」と特徴のある掛け声で引っ張られる山車には、お祭り見物の方の飛び入りも歓迎致します。

 岩手県の紹介になります。岩手県は二つのイベント紹介になります。

 まず、「岩崎鬼剣舞(いわさきおにけんばい)」。
 岩手県北上市周辺に伝わる「鬼剣舞」は「念仏剣舞」なのだそうです。威嚇的な鬼の面は、仏様の代身とされ、これをつけて勇壮に舞うところから”鬼剣舞”と呼ばれ親しまれています。
 その云われには、大宝年間(701~704年)に「修行僧が念仏を広めるために念仏を唱えながら踊った」という説や悪霊退治、衆生済度の念仏踊りとして伝えたなどがあります。
2008.9.6 国境祭り「岩崎鬼剣舞」
2008.9.6撮影(踊っているところはみれませんでした)
妻は、この踊りはすごかったと何度も言ってきて、お気に入りになったみたいです(^^)


 次は、「盛岡さんさ踊り」。(過去画像
 岩手県盛岡市や周辺の岩手郡、紫波郡などに伝わる。お盆や神社のお祭りに老若男女の別なく舞われた”庶民の踊り”です。
 その昔、南部・盛岡城下町に鬼が現れ数々の悪さをしでかしていました。困り果てた人々が近くの三ツ石神社に悪鬼退治を祈願しました。その願いを聞き入れた神様は二度と悪さをしないように境内の大きな三ツ石に証しとして鬼の手形を残させました。(これが『岩手県』の由来とされます)人々は喜び”さんささんさ”と云って踊りまくったのが始まりです。


 最後に、青森県のイベント五つを紹介をします。

 「青森ねぶた」です。(過去画像
 そのいわれは津軽初代藩主・為信(ためのぶ)が、津軽藩の存在を誇示しようと重臣に作らせた「大きな灯籠」がねぶたの始まりという説が、一般的に定着しています。
 歴史上の武者や歌舞伎物などから題材を取り、一台約3ヶ月、2000万円前後をかけて製作されます。十和田湖国境祭りには、その年の大型優秀作品が登場し観光客を魅了します。
 フランスやブラジルなどにも公演、世界的に有名になった東北最大の「灯(ひ)祭り」。豪華さと勇壮さをたんのうしてください。
2008.9.6 国境祭り「青森ねぶた」
2008.9.6撮影

 次は、「八戸えんぶり」です。(過去画像
 「かまくら」(秋田県横手市)などとともに”みちのく五大雪まつり”のひとつ。毎年2月17日から4日間八戸市など周辺の農村で行われ、春を告げる”豊年祈願”の祭りです。朳(えぶり)と言われる農具を手にもち、大夫と呼ばれる「舞い手」に笛、太鼓、手びら鉦(かね)など総勢15人くらいで『田を掘り起こす動作を勇壮に』舞います。昭和54年に国の重要無形民俗文化財に指定されています。
2008.2.18 八戸えんぶり1
2008.2.18撮影

 次は、「沢田鶏舞(さわだけいまい)」。(写真なし)
 ニワトリ舞と書いて〔ケンバイ〕とか〔ケイバイ〕と言われ、青森県では江戸時代末期から三戸・上北郡などに”悪霊退治の供養踊り”として広く伝わっていました。
十和田市沢田地区では明治20年代からお盆の『祖先供養』行事”けいまい”として伝承された『念仏剣舞』です。
 同地区では数年前から「後継者の育成」対策として小中学生に指導。鶏の烏帽子に始めは扇子を手に舞いますが、続いて「剣」で演じます。激しい動きが見ものです。

 次は、「黒石よされ」です。(過去画像
 起源は約600年前。盆踊りでの男女の”恋”の掛け合いが始まりです。その後家老が付近の農村から人を城下町に集める「商工振興対策」として推進させました。『阿波踊り』(四国・徳島県)と『郡上踊り』(岐阜県)とともに”日本の三大おどり”のひとつとして有名です。
2008.9.6 国境祭り「黒石よされ」
2008.9.6撮影

 最後のイベント「黒石扇ねぷた」紹介です!(過去画像
 青森市の「ねぶた」に対し弘前市などは”ねぷた”と呼びます。その違いは大きな『うちわ』状の作りで”人形ねぷた”と言われます。描かれた絵の極微な表情は、見た人の心をとらえます。
 坂上田村麿(さかのうえたむらまろ)の蝦夷征伐のおり、蝦夷の首長が岩木山に立てこもり、田村麿の軍勢を悩ませました。そこで美しい人形の中に人を隠し入れ、川に流しました。首長はその美しさにつられて外に出て捕らえられました。以来それが「人形ねぷた」となったとされます。

ここまで長くお付き合いいただきありがとうございます。
最後に参考程度にちょっとした情報を記述しておきます。
実際に見られる場合は、桟敷席の販売(1席当日1,400縁、前売り1,200円(2008年度))もありますのでそちらを購入されればゆっくり全てのイベントを見れると思います。
桟敷席を購入されなくてもイベント会場前まで行く間に見られます。ただし、見落としがあったりする可能性もありますので、その点は注意してください。
2008.9.6 国境祭り全景
2008.9.6撮影

人気ブログランキング

  1. 2008/09/13(土) 00:00:50|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

1日の終わり

ここ数日晴れが続いて夕焼けがスッキリみえてます。
この日、ちょうどカメラのキタムラに応募したフォトコンが返ってきたので取りに行く途中でした。
なんでもない景色、でも素敵ですよね♪
いつまでも見ていたい景色でしたが、先を急いでいたのでちゃちゃっと撮るだけでした。
2008.9.10 八甲田連山の夕焼け
2008.9.10撮影

カメラのキタムラのフォトコンですが、シーズン毎(春夏秋冬)に行われています。
私も少しばかり興味がわいてきて冬から応募しだしています。
前回(冬腕試し)と今回(春腕自慢)の結果は1次審査通過止まりでしたが、いつかは入選できたらなという気持ちで臨んでいます^^
夏(腕試し・腕自慢)も応募したし、これらを一つの楽しみとして頑張っていますよ^^


このキタムラのフォトコンについてですが、1次審査から何次審査まであるんでしょう?
知ってる方がいらっしゃったらコメントお願いします^^
う~ん、先は遠い(笑)

人気ブログランキング

  1. 2008/09/12(金) 00:00:10|
  2. 青森(夕方)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

米軍三沢基地航空祭

毎年のように雨になっている三沢基地航空祭。
なんと今年も雨でした。
しかも、視界が非常に悪いため予定されていた飛行のほとんど全てが中止という残念な航空祭と
なってしまいました。
2008.9.7 三沢航空祭3
2008.9.7撮影

そんな中、私はというと?
最初から航空機撮るの諦めていたので、残念度は意外に少なかったのかな。
で、撮影していたものと言えばこういうスナップでした^^
こんなにカメラ持ってる人たちがいれば、子供さん撮影してても不審に思われにくくていいですね(汗)
(本当は不審に思われてたりして?w)
2008.9.7 三沢航空祭2
2008.9.7撮影

それでも、やっぱり雨だと撮影は大変です。
傘持ってやってるからぶれるし、構図もテキトウだし。
ピントも合ってないし。
それでも、こんな微笑ましい写真が撮れたからいいのかな?
2008.9.7 三沢航空祭1
2008.9.7撮影

遠くから来られた方や楽しみにしていた方は、非常に残念かと思います。
来年こそは、晴れてほしいですよね。
そう願っています。

人気ブログランキング

  1. 2008/09/11(木) 00:00:10|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

山のホテルのまたぎ飯

去年食べれなかったまたぎ飯。
今年は、嶽きみ収穫にかこつけておばあちゃんと行ってきました。
食べたところは、嶽温泉にある「山のホテル」。
温泉も素晴らしいですが、またぎ飯でも有名です♪
2008.9.2 山のホテル
2008.9.2妻撮影

頼んだのは、嶽丸定食とまたぎ定食。
こちらが、またぎ飯。
2008.9.2 嶽まる定食「またぎ飯」
2008.9.2撮影

こちらは、またぎ飯についてくる土瓶蒸し。
マイタケのダシが出ていて旨いんです!(マイタケ大好きです^^)
2008.9.2 嶽まる定食土瓶蒸し
2008.9.2撮影

こちらは、サーモンを使った料理で嶽丸定食についてくるもの。
3種類の中から選んだやつです。
2008.9.2 嶽まる定食サーモンサラダ
2008.9.2撮影

このまたぎ飯、自宅でも作れるようにまたぎ飯の元を販売しています♪
興味のある方は、お店で買ったり通販で購入してみてください☆

こちらをクリック→「山のホテルHP」です。


人気ブログランキング

  1. 2008/09/10(水) 00:03:17|
  2. 青森(食)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

岩木山展望所

この日、朝早くから嶽きみを求めて八甲田をドライブしていたのですが、普段見られない光景が
眼下に広がっていました。
雲海です。時間帯は8時くらいなのにまだあるんですね。
この景色には、僕らもおばあちゃんも感動していました。
2008.9.2 岩木山と雲海
2008.9.2撮影

いろんな珍しいものを見れておばあちゃんも喜んでました。
私らも喜んでましたが^^

人気ブログランキング

  1. 2008/09/09(火) 00:10:11|
  2. 青森(秋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

嶽きみ畑にて

嶽きみというものを知ったのは、去年秋頃。
ちょうどこの岩木山麓をドライブしていたときに私は知りました。
(グルメな妻は、当然のように以前から知っていたようですが笑)
今年妻がオーナー制度というものに参加したいということで、応募していたんです。
その嶽きみの収穫を2日やってきました。
全部で4口(1口あたり30本は補償されてます)
で1口あたり3000円、2口で5000円でした。
うちは妻の実家のぶんも入れて4口。
そのせいか収穫の時は大変でした(汗)
2008.9.2 嶽きみ畑
2008.9.2撮影

畑に着くとだーれもいない(笑)
実は僕らが最後の客だったみたいです。
収穫の様子を撮っていたら早く手伝いなさいとw
すぐ撮影を終えて収穫開始。
最初のほうはよかったんですよね。
でも、この暑さが!
汗だくですw前日までの雨が嘘のように晴れたせいで。。。
2008.9.2 嶽きみ畑1
2008.9.2撮影

1時間ほどで収穫が終わりました。
これもおばあちゃんのおかげです!
一番活躍してたんだもんw
私はというと収穫されたものを袋詰めして車に乗せてました。
とりあえず、重かったぁ(笑)
収穫した本数は、150本以上ありました。
もう数えるのめんどいのでw
半分以上は妻の実家に送りましたw
うちのぶんは、とりあえず職場と隣近所等へw

今年の収穫を終えての感想ですが、来年は1口か2口にしようという話になりました。
やっぱ、4口だと収穫もそのあとも大変ですからね(笑)
でも、いい記念になりました^^


人気ブログランキング

  1. 2008/09/08(月) 00:00:08|
  2. 青森(秋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

青の睡蓮沼

2008.9.2 睡蓮沼
2008.9.2撮影

過去画像


人気ブログランキング

  1. 2008/09/07(日) 00:00:21|
  2. 青森(夏)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

光、射す

2008.9.2 八甲田ブナの森
2008.9.2撮影


人気ブログランキング

  1. 2008/09/06(土) 00:00:26|
  2. 青森(夏)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

仏沼朝景Ⅱ

2008.9.2 仏沼3
2008.9.2撮影


人気ブログランキング

  1. 2008/09/05(金) 08:32:14|
  2. 青森(朝方)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

仏沼朝景

この日は、久々の仏沼でした。
前日までの雨があがると予報で出ていたので、朝早くから八甲田方面で散策しようかなぁと思っていたのですが、
近場の仏沼にしちゃいました。
久々だからまたいいなと思ったのですが、やっぱ八甲田にいけばよかったかなぁというのもあり、
この撮影の後八甲田に行ってきました。
まぁ、それがメインではなく他の用事も兼ねてましたから。
2008.9.2 仏沼1
2008.9.2撮影

ということで、2日の写真を何日かに分けてアップしたいと思います。

人気ブログランキング

  1. 2008/09/04(木) 00:13:07|
  2. 青森(秋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

仏沼

2008.9.2 仏沼2
2008.9.2撮影


人気ブログランキング

  1. 2008/09/03(水) 00:00:08|
  2. 青森(秋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

三沢まつり

今年の三沢まつりは、8月21日から24日までの間行われました。
去年私は祭りというものに興味がなく全く見に出かけていなかったのですが、一遍して今年は
祭りに興味をもったためこの三沢まつりも見にでかけました。
しかしながら、いろいろと勤務の都合等で見に出かけられませんでした。
唯一見れたのが、この古間木三社奉納まつりだけでした。
2008.8.23 三沢まつり1
2008.8.23撮影

この古間木三社奉納まつりですが、三沢駅前で行われていました。
てっきりいつものように米軍三沢基地ゲート前あたりで行われてるのかな?と思っていたのでちょっとびっくり。
ゲート前で行われていたのは、国際サマーフェスティバル(みこしパレード)でした。
2008.8.23 三沢まつり2
2008.8.23撮影

これを最後に8月の祭りは見納めとなってしまいましたが、9月があります!
9月に期待です♪

人気ブログランキング


  1. 2008/09/02(火) 19:45:14|
  2. 青森(祭り・行事)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

暑い日

こんな暑い日差しが懐かしい今日この頃です。
最近は、日本全国どこもかしこも雨のような感じ。
雨のせいで私も家に引きこもりがちで心もぐったりです。

私と違って、妻とおばあちゃんは元気そのもの。
裁縫やら縫物をして楽しんでいる様子。
あぁ~、見ててうらやましい。
2008.8.5 十和田神社の狛犬
2008.8.5妻撮影



人気ブログランキング

  1. 2008/09/01(月) 00:00:10|
  2. 青森(神社仏閣・名所・観光地)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

BGM

ONとOFF、切り替えできます。

プロフィール

杏仁豆腐

Author:杏仁豆腐
性別:男
年齢:36歳
趣味:写真撮影、スノーボード、登山
青森にきて八甲田の自然に魅せられ写真撮影開始。2007年秋の八甲田の紅葉から写真に熱中しだし、2008年念願の一眼レフ購入。風景とお祭り写真が大好きです。
写真暦:5年(2013.9から休止中)

デジタル一眼
CANON EOS40D(2008.1.26~
CANON EOS5D Mark Ⅱ(2010.4.5~
pentax 645D(2015.4.20~
レンズ:
canon EF 17-40 f4L(2009.3.15~2014.3)
canon EF 70-200mm f2.8 L IS Ⅱ USM(2011.7.31~2014.11)
canon EF 16-35mm f4L(2015.1.28~
pentax smc fa 45-85mm f4(2015.4.23~

妻:CANON EOS Kiss X2(2008.7.11~)
レンズ:EF-S 18-55mm f3.5-5.6 IS
レンズ:EF-S 55-250mm f4-5.6 IS

青い森写心倶楽部

青い森の写真好きな皆さんが参加しております。 どうぞこちらへ☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスカウンター

2009.2.26より開始(管理人以外2重カウント有)

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

あし@

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。