青国流風

私の日常の何でもない写真のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

薬研温泉「かっぱの湯」

黄葉の時期の薬研温泉は、人が多いですね。
多いといっても、10人はいませんが。
いつもならそんなに多くないのですが、平日にも関わらず一人になれる時間がなかったように感じます。
2008.10.21 薬研渓流「かっぱの湯」2
(過去画像より)
写真右中央に河童の銅像があります。どうぞ触ってみてください。

かっぱの湯は、無料・混浴温泉(男女共用の更衣室みたいなのがありますが、屋根つきの小屋といった感じでしょうか)。
近くには、「夫婦かっぱの湯」、「隠れかっぱの湯」があります。
夫婦かっぱの湯は、有料男女別の温泉(たぶん、更衣室等あります)です。
隠れかっぱの湯は、無料混浴(更衣室なし)です。
こちらは、道路の脇からすぐ見えますが、車外に下りてみないとみれません。
なので、意外に知られていないようです。

人気ブログランキング

続きの写真とお知らせがあります♪ [薬研温泉「かっぱの湯」]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/11/08(土) 00:00:33|
  2. 青森(温泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

日本三秘湯「谷地温泉」復活!!!

待ちに待った谷地温泉復活でした。
今年の冬に大元が倒産したため、この傘下に入っていた谷地温泉も倒産してしまったんです。
しかしながら、つい先日伊東園ホテルグループが新たに谷地温泉を引き継ぐことが決まって復活したのです。
この谷地温泉ですが、日本三秘湯のうちの一つで兎に角私たち夫婦は思い出の温泉でもありました。
倒産当初いきなりの事でビックリ。
お金があれば、うちらで買い取りたいと思わせるくらい好きな温泉でした。
しかしながら、そんなことできるはずもなく。。。
いつか復活してほしいと夢見ていただけにその情報が舞い降りてきたときははしゃぎましたよ。
それに、今回ちょうど彼女らが来た時に入れるということで5日朝早くからいってきましたよ。
2008.8.5 谷地温泉
2008.8.5撮影(撮影許可はとってあります)

結果はどうかというと!
やっぱ2人とも大満足でした!
誰もいない温泉だったし、途中男女入れ替えがあったり掃除が入ってくる時間ではあったのですが、
谷地温泉さんのほうのお気遣いのおかげでゆったりとはいれたようです。
こういう心遣いも昔から変わらない所で本当に良い温泉です。
リピーターにならずにおられないです(笑)
因みに、料金体制等昔と変わらずです。
変わったのは、混浴でなくなったことと日帰り入浴の時間が短くなったことです。
しかしながら、復活してもらえたただけで十分満足。
これからも長くお付き合いしたい温泉であってください♪

話はあの観光の続きに戻りますが、この後奥入瀬と十和田湖を観光しました。
午後2時位の三沢発の飛行機だったため大急ぎで周りましたが、無事自宅に帰ることができたようです。
この期間本当にお疲れ様でした。良くついてきてくれました(笑)
最初からハードにいくとはいってたものの大丈夫だったかな?と気にはなっていたのですが、
満足したようなので一安心です。
またいつかきていいからね^^
これで今回の旅行の記事は終わりにしたいと思います。
お付き合いいただいた方々に感謝いたします。


人気ブログランキング

  1. 2008/08/11(月) 00:01:51|
  2. 青森(温泉)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:16

奥入瀬渓流グランドホテル 青森県十和田市

北東北日帰り温泉本2008年版、去年に引き続き愛用させて頂いています。
今回そこに載っている「奥入瀬渓流グランドホテル」に行ってきました。
通常日帰り入浴であれば、1人1000円なんです。
でも、温泉本のおかげ(温泉本は税込み1000円くらい)無料^^
他の温泉もいっぱい入れてトクトクなんです♪

今回オープンの9時から入浴させていただきました。
ちょうど東館の方の温泉は、清掃中とのことではいれませんでしたので、こちら西館の展望岩風呂のみ紹介させていただいてます。
2008.5.21 奥入瀬グランドホテル
2008.5.21入湯
景色が凄いいいですねぇ。
お陰で妻はかんなり長い時間ゆったり入ってましたw


温泉本持ってる方ぜひ行ってみてくだい。
また、近くの方は今から買っても損はなし^^なんてね(笑)


あなたのお気に入りのブログが発見できるかもしれませんよ♪→fc2 blog ranking


沢山のブログがある中でお気に入りのブログが見つかるといいですね^^→人気ブログランキング

  1. 2008/05/23(金) 10:51:17|
  2. 青森(温泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

黄金崎 不老ふ死温泉 青森

僕にとっては懐かしい思い出の一つです。
それは、北海道と北東北3県を12日間かけて旅行したからでした。
こんな長旅は初めてだったのと東北に来るということも初めてだったからです。
そんな旅程の中に、ここ「黄金崎 不老ふ死温泉」の1枚の写真がありました。
このころ、温泉への興味が薄らいでいた時期でもあったのですが、ここだけは以前から興味があったせいか知っていたのでした。そのため、この時に訪れたのでした。
2006.9 東北旅行 黄金崎 不老ふ死温泉マッチ箱
2006.9撮影
予定が詰まっていたせいもあり、夕日は見れませんでした。
でも、念願かなって嬉しくって。


入った後はどうだったかというと~。。。
非常に肌がヒリヒリして夜まで痛かったですw
味も海水みたいにしょっぱかったからそうなりますよね(笑)
2006.9 東北旅行 黄金崎 不老ふ死温泉
2006.9撮影
今は、宿泊者以外は朝8時~午後4時までしか入浴できなくなったそうで残念です。
こちらに来たからには、一度は夕日の不老ふ死温泉も撮影してみたかったなぁ。。。


あなたのお気に入りのブログが発見できるかもしれませんよ♪→fc2 blog ranking


沢山のブログがある中でお気に入りのブログが見つかるといいですね^^→人気ブログランキング

  1. 2008/03/24(月) 17:34:47|
  2. 青森(温泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

下風呂温泉「長谷旅館」  青森

今回は、下北半島にある「下風呂温泉 長谷旅館」を紹介します。
ここは、井上靖氏の小説「海峡」の最終舞台にもなり、特に夏から秋にかけてはいさり火をながめながら、旅の一夜をゆっくりすごす事ができるそうです。
2008.3.6 下風呂温泉「長谷旅館」 暖簾
2008.3.6撮影

またこの温泉は、海岸沿いにあり、珍しいことに海に近いというのに硫黄泉なのです。
2008.3.6 下風呂温泉「長谷旅館」
2008.3.6入湯
入った方々の噂では、源泉かけ流しということで非常に熱く、なかなか薄めないと入れないよと言われていたのですが、私達が入った時は適温だったのでゆっくり温泉に浸かることができました。
今回こちらにお邪魔させていただきましたが、このほかにも共同温泉や多数の旅館が散在しています。ぜひ足を運んでみてください。

fc2 blog ranking
頑張ってます!応援よろしくお願いします♪

人気ブログランキング
↑あなたのポチっが暖かいのです。
  1. 2008/03/09(日) 22:57:23|
  2. 青森(温泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

みちのく深沢温泉

青森の八甲田山には、沢山の温泉がありますが、こちら「みちのく深沢温泉」には全く入っていないということで入って来ました。
以前から気にはなっていたもののなぜか後回しにしてましたが、それが正解だったようです。
兎に角ここは冬に来るのがいい感じ。

こちらが入口。すごいでしょう?笑
2008.2.17 みちのく深沢温泉入口
2008.2.17撮影
この入口を入るとすぐに薪が高く両脇に敷き詰められてます。
そこを通りすぎると土間みたいなところに、おじいさんとおばあさんがいらっしゃいました。
それに温泉でくつろいだおじ様も(お客さんのようですが常連でしょうねwタオル一枚でウロウロしてましたwww)

こちらは混浴露天風呂。混浴といってもあのすだれがあるので大丈夫です。
2008.2.17 みちのく深沢温泉1
2008.2.17入湯
他に男女別内湯があります。


fc2 blog ranking
気が向いたらポチッとしてください♪

人気ブログランキング
↑あなたのポチっがいい感じなんです(笑)^^
  1. 2008/02/19(火) 01:27:43|
  2. 青森(温泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

湯ノ沢温泉 なりや旅館

昨日の続きですが。
前回、湯ノ沢温泉「でわの湯」に出かけてすっかり好きになりました。
あの温泉の濃さがたまらないんです^^

ここは、「なりや旅館」になります。
今回本来は、その上の「秋元旅館」に行く予定ででしたが、すごい人の多さに
げんなりして下の「なりや旅館」に決めたのです。

2008.1.14 湯ノ沢温泉 なりや旅館外観
2008.1.14撮影

この湯は青白く味がまた、でわの湯と同じようにしょっぱいんです。
源泉そのままなのがすごい伝わります。
壁には温泉から10cmのところにガスが溜まっているからうちわなどで仰いで入ってくれ
との注意書きもあり(笑)

こちらの写真は、混浴になります。
他に男女別内湯があります。

2008.1.14 湯ノ沢温泉 混浴
2008.1.14入湯

この湯ノ沢温泉には3つ宿があり、それぞれで違う成分の温泉になっており、どれもすごい
温泉らしい温泉です。
それにしても冬は寒いw施設も秘湯ぽく外気との温度差もあまりないくらいに寒いので、
行く方は厚着していってくださいね♪(ここらへんがまたいいのです^^)
あ、あと地元の方が多いです。
よくしゃべりかけられますが、僕はまったく理解できなかったので
少し津軽弁でも勉強した方がいいですね(笑)

fc2 blog ranking
気が向いたらポチッとしてくださいね♪

人気ブログランキング
↑あなたのポチっがいい感じ^^
  1. 2008/01/15(火) 14:13:56|
  2. 青森(温泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

温川山荘

今日は温泉の話。
ここは秘湯を守る会に所属している温川山荘です。
入られた方も多くいらっしゃると思います。

僕は北海道に住んでいた時に妻と東北旅行をしました。
その時この温泉にある吊橋の前を通ったのですが、なんだか雰囲気がいいなぁという記憶が
残っておりずっと心に引っ掛かっていました。
後ほど青森へ引っ越してくるわけですが、その際青森の温泉をいろいろネットで調べていたら
見たことのある風景だなぁという思いとともに、「あっ、ここ通ったところだっ」ってすぐに思い出したのです。それでこの時の思いもあり実際に11月にこれ目当てに入りにきたのです。

2007.10.18 温川山荘
2007.10.18撮影

ちょうどこの時期は紅葉シーズンで多数の観光客が温泉にもいるだろうと予想していたのですが、予想に反して人はいませんでした。
唯一いらっしゃったのがテレビの撮影の方達でそれが終わってから妻と2人で混浴へ。
普段は混浴なんて妻は入れませんが、誰もいなかったことで2人で満喫させていただきました♪

2007.10.18 温川山荘温泉
2007.10.18入湯

この他に、ひばづくりの内湯があります。

fc2 blog ranking
気が向いたらポチッとしてくださいね♪

人気ブログランキング
↑あなたのポチっがいい感じ^^ [温川山荘]の続きを読む
  1. 2008/01/05(土) 23:20:24|
  2. 青森(温泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

谷地温泉

今日は妻が谷地温泉に行きたいとのことで夜勤明けながらいってまいりました。
自宅から約60kmで時間にすると1時間30くらいで着きます。

宿も雪に覆われ、つららも出来てます。
元旦からの宿泊客もだいぶきているようで温泉にはたくさんのお客さんもいました。

2007.12.19谷地温泉外見


先日行った時はクリスマスツリーがあったのですが、
今日はかど松と特大謹賀新年の挨拶があり新年を迎えた感が^^

2008.1.4 谷地温泉特大年賀はがき

温泉もとりたいのですが、冬の内湯は曇っていて写真は撮りづらいです。


fc2 blog ranking
気が向いたらポチッとしてくださいね♪

人気ブログランキング
↑あなたのポチっがいい感じ^^ [谷地温泉]の続きを読む
  1. 2008/01/04(金) 21:42:14|
  2. 青森(温泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

桂、谷地、玉勝、湯の沢(でわの湯)温泉

冬になると温泉に入りたくなりますよね♪
ということで最近入ってきた温泉をちょっと紹介します。
まず自宅近く(300mくらい)にある桂温泉です。
ここはまだ施設が新しく綺麗でした。
和風モダンな感じかなぁ。
桂温泉2007.12.13
2007.12.13入湯

次は谷地温泉です。
ここは自分らが良く行く温泉です。
歴史も長く、秘湯感漂った温泉です。
この時は平日の夕方6時くらいでしたが、それでも人気らしく人が結構来ていました。
2007.12.19谷地温泉クリスマスツリー
2007.12.19入湯

ここは三沢から北に10kmほどいった上北町の温泉です。
温泉ですが銭湯みたいな雰囲気で、広告の入った鏡やケロリンの桶がレトロ感を漂わせています。お湯はけっこうトロトロで少し茶色で特徴的な匂いもしたような気がします。
2007.12.20玉勝温泉
2007.12.20入湯

最後に本日入った湯の沢温泉「でわの湯」。
ここは三沢から3時間以上かけて行きましたが、行くだけの価値あると思います。
途中の道は雪が積もっててここも秘湯感漂ってました。
フロントのおばちゃんはどこから来たのと聞いてきて、三沢っていったら驚いてましたが、
そのおかげで話が盛り上がりなんだか仲良くなり、「またいらっしゃいな」みたいな感じになりました。
泉質はすごく強烈な味がしました。成分をみたらマグネシウムイオンが1ℓあたり270g、カルシウムイオンも170gと大量だったせいでしょうか。
とにかく体に効果がある温泉です。
外の川では、その成分が堆積して積もり積もっていました。
温泉の中はというと、結構狭いです。
時間帯も夕方5時位だったためか地元のおじいさんたちが多く、訛りがひどくて何をしゃべっているのか全くわかりませんでしたが、それがまたいい感じでした(笑)
お風呂は男女内湯2つとは別に家族湯が2つありましたよ。
2007.12.21湯の沢温泉(でわの湯)
2007.12.21撮影

こちらが温泉。
ちょっと人が多くて撮れませんね(^^)
2007.12.21湯の沢温泉(でわの湯)温泉写真
2007.12.21入湯
温泉については後ほど過去の画像を探しながらアップしていきたいと思います。


fc2 blog ranking
↑♪いい湯だな~。ポチッ
人気ブログランキング
↑ポチッ♪
  1. 2007/12/22(土) 00:00:50|
  2. 青森(温泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

BGM

ONとOFF、切り替えできます。

プロフィール

杏仁豆腐

Author:杏仁豆腐
性別:男
年齢:36歳
趣味:写真撮影、スノーボード、登山
青森にきて八甲田の自然に魅せられ写真撮影開始。2007年秋の八甲田の紅葉から写真に熱中しだし、2008年念願の一眼レフ購入。風景とお祭り写真が大好きです。
写真暦:5年(2013.9から休止中)

デジタル一眼
CANON EOS40D(2008.1.26~
CANON EOS5D Mark Ⅱ(2010.4.5~
pentax 645D(2015.4.20~
レンズ:
canon EF 17-40 f4L(2009.3.15~2014.3)
canon EF 70-200mm f2.8 L IS Ⅱ USM(2011.7.31~2014.11)
canon EF 16-35mm f4L(2015.1.28~
pentax smc fa 45-85mm f4(2015.4.23~

妻:CANON EOS Kiss X2(2008.7.11~)
レンズ:EF-S 18-55mm f3.5-5.6 IS
レンズ:EF-S 55-250mm f4-5.6 IS

青い森写心倶楽部

青い森の写真好きな皆さんが参加しております。 どうぞこちらへ☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスカウンター

2009.2.26より開始(管理人以外2重カウント有)

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

あし@

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。