青国流風

私の日常の何でもない写真のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

筌の口(うけのくち)温泉「新清館」 大分県玖珠郡九重町

地元九州の話になります。
九重九湯の一つです。
去年は、温泉にハマっていて結構多くの場所を周らせていただきました。
2007.10.2 筌の口温泉1
2007.10.2撮影

この時は、前日に壁湯温泉に宿泊した後入りにきたんですが、ちょっと早過ぎたためか風呂の
清掃をされていらっしゃいました。
しかしながら、温泉が好きだからと伝えたところ、特別入らせていただいたんです。
なかなかの接客で好感食でした^^
2007.10.2 筌の口温泉2
2007.10.2入湯

最近はというとあまり入りにでかけてませんねぇ。
おばあちゃんもいることだし、おそらく来年にならないと始動できないですね。
しかしながら、入りたい温泉も沢山あるし、なんといっても恋い焦がれていた谷地温泉が復活
するというではないですか!!!
こんな朗報ないですよね~^^
早く行きたいですね♪

筌の口温泉 新清館
電話  0973-79-2131
アクセス  :大分自動車道九重ICより20分やまなみハイウェイ者原より10分
営業時間 :7:00~22:30
料金 宿泊:1泊2食 8,000円~
日帰り入浴:500円
お風呂  内湯:男女各1 露天風呂:女1 混:1
冬季閉鎖
休業日  通年営業


この他にもたくさんの温泉があります。
皆さんにもぜひ行ってほしい。九州もいいですよ^^人気ブログランキング

スポンサーサイト
  1. 2008/07/26(土) 00:06:18|
  2. 大分(温泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

赤川温泉「赤川荘」 大分

九州の温泉の一つである、赤川温泉「赤川荘」を紹介します。
青森とは関係ないですが、見てください(汗)

ここは熊本と大分の県境にあり、住所は大分県竹田市になっています。
外観は、こんな感じでこの左に温泉の滝があります。
20070928 赤川温泉「赤川荘」
2007.09.28撮影

温泉は、温度が低く冷泉とも言えるような気がします^^
こちらの写真は、男性露天風呂。右側に女性用露天風呂があります。
以前は繋がっていたのですが、今ではきちんと区切ってあり女性にも安心して入れるようになっています。
この他、男女別内湯があり、源泉そのままの温泉とその温泉を温めたものの2つがあり、交互に入るようになってます。冷泉の温度がひんやりして凄く気持ちいいですよ^^
                           20070928 赤川温泉
                           2007.09.28入湯

宿泊はもちろん日帰りも可。登山口もすぐ近くにあり、下山して寄るお客様が多いのかな?
とにかく良い温泉ですし、有名な温泉でもあるみたいです。

赤川温泉HP参照
日帰り入浴可。9:00~19:00(受付は18:30ごろまで)
大人 500円(税込)  小学生 300円(税込)  幼児 200円(税込)  乳児(1歳未満) 無料

+ 浴室にはシャンプー&リンス、ボディソープが備え付けてあります。
+ タオルはご持参ください。(小さいですが、貸しタオル・50円(税込)・売りタオル・100円(税込)もあります)

+ 脱衣所はコインロッカー・100円(税込)となっております。

+ 定休日は、毎月第二水曜日です。臨時休業することもありますので、
「空室カレンダー」でお確かめください。

+ GW、お盆などは大変混み合います。ゆっくり入られたい方には、平日を
おすすめします。

※お泊り以外のお食事、お部屋貸しは行っておりません。


赤川温泉「赤川荘」
〒878-0201 大分県竹田市久住町大字久住4008-1
TEL:0974-76-0081 FAX:0974-76-0091

ブログ 赤川温泉 「赤川荘」もあります^^
是非覗いてみてくださいね♪



あなたのお気に入りのブログが発見できるかもしれませんよ♪→fc2 blog ranking


沢山のブログがある中でお気に入りのブログが見つかるといいですね^^→人気ブログランキング

  1. 2008/04/11(金) 00:05:37|
  2. 大分(温泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

大分県 壁湯温泉 福元屋

今回は、実家に帰ったときの温泉旅行の話をします。

温泉好きな方は知っているしもう何度も行かれてる方もいらっしゃるでしょう。
こちら「秘湯を守る会」に所属している「壁湯温泉 福元屋」。

このときは僕の両親、妻、妹、妹の子供と宿泊しました。
本来は妹の旦那も来る予定でしたが、仕事の都合上キャンセル。

結局妹もこないのかと思えばちゃっかり付いてきましたが(笑)

福元屋の玄関です。
2007.10.2 壁湯温泉2
2007.10.2撮影
この宿は道路沿いにあるのですが、少し道から下らないと見えないので普通に通っていたらわかりません。
なので、最初にこの宿の駐車場に着いた時に両親は、「なんね、ここ!あんたが秘湯ていうてごろよかていうたろ~?」ですって(笑)
そういうのも納得です。駐車場のすぐ横はただの民家がありますもんw
それと勘違いしたんです^^

両親と妹を黙らせて下へ連れて行くと、やっと納得の模様。


こちらがここの代表的な温泉(混浴露天)
温度も低く長湯ができます。ただ時期が寒くなると少しつらいかもしれません。
他に、貸切の内湯が2つとすぐ隣に共同温泉露天風呂があります。
2007.10.2 壁湯温泉
2007.10.2入湯

こちらは宿の中の内湯。
こういうのは九州っぽいなぁって感じします。(私だけかもしれません。)
2007.10.2 壁湯温泉3
2007.10.2入湯

ここの宿は、経営者である主人自らが携わっており家族皆で手伝いされてます♪
そういうとこもいいし、食事は自家栽培のものをつかっており、特にお米がおすすめで
美味しいと評判です^^
香り米を混ぜているため風味もすごく良いです。米粒もしっかりしててモチモチ感もあります。
評判になるのも分かりました♪

最近は思い出のブログばかりですが、なにぶん何もないので(笑)
どっかいきたいなぁと思う今日この頃です。。。

fc2 blog ranking
気が向いたらポチッとしてくださいね♪

人気ブログランキング
↑あなたのポチっがいい感じ^^
  1. 2008/01/21(月) 01:02:49|
  2. 大分(温泉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

BGM

ONとOFF、切り替えできます。

プロフィール

杏仁豆腐

Author:杏仁豆腐
性別:男
年齢:36歳
趣味:写真撮影、スノーボード、登山
青森にきて八甲田の自然に魅せられ写真撮影開始。2007年秋の八甲田の紅葉から写真に熱中しだし、2008年念願の一眼レフ購入。風景とお祭り写真が大好きです。
写真暦:5年(2013.9から休止中)

デジタル一眼
CANON EOS40D(2008.1.26~
CANON EOS5D Mark Ⅱ(2010.4.5~
pentax 645D(2015.4.20~
レンズ:
canon EF 17-40 f4L(2009.3.15~2014.3)
canon EF 70-200mm f2.8 L IS Ⅱ USM(2011.7.31~2014.11)
canon EF 16-35mm f4L(2015.1.28~
pentax smc fa 45-85mm f4(2015.4.23~

妻:CANON EOS Kiss X2(2008.7.11~)
レンズ:EF-S 18-55mm f3.5-5.6 IS
レンズ:EF-S 55-250mm f4-5.6 IS

青い森写心倶楽部

青い森の写真好きな皆さんが参加しております。 どうぞこちらへ☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスカウンター

2009.2.26より開始(管理人以外2重カウント有)

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

あし@

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。